掃除なども行ってくれる不用品回収業者の便利な利用方法

捨てるのが難しいもの

不要な部品

「掃除・清掃」「廃品回収」はボランティアとして行われることもあるが、収入を作り出す手段にもなる。
ボランティアとして行われる「掃除・清掃」「廃品回収」は主に学校教育・会社・地域のコミュニティー活動・その他で行われている。
ボランティアは報酬を伴わない貢献活動である。
従って、文部科学省ではその精神を子どもの頃から根付かせようとし、学校教育の中にも義務的に取り入れようとしている。
本来は、家庭教育の中で、お手伝いをすることや、地域の人たちと共に地域を良くしようと考えること、他人を思いやる心などで醸成されるべき事柄だが、現在では義務的に指導している。
また、企業はボランティア活動がイメージ戦略に使われている側面を持つ。
穿った見方をすれば、こちらはコマーシャル効果を狙った活動でもあり、間接的に報酬を発生させる戦略とも言える。

一方、収入を得るための「掃除・清掃」では、独自の洗剤製品や特別なテクニックを使い、一般人が清掃するのが難しい汚れを落としたり、部分的に清掃するのが難しい部分を行って綺麗にすることがあげられる。
技術料にあたる報酬を得ることになる。
また、収入を得るための「廃品回収」では、金属を主に集め、溶解して別のセ品に変え販売したり、レアメタルの含まれる電化製品を集めることで、それを転売し報酬を得ると言える。
ボランティアとして成り立つ側面と、収入を得るための行動として成り立つ側面を持ち合わせている事象は非常に珍しく、独特ではないだろうか。
このことは、ボランティアである清掃活動にもある種の付加価値を付け加えることによって報酬が発生し、その収入を寄付活動などの別のボランティアに展開するという、ダブルカウントの活動を考えても面白い。